2018年04月

2018年04月29日

Warhammer Vermintide2をクリア

クリアした、といっても特にクリアエンディングとかは無いので、全ステージをプレイしてアイテムレベルがカンストしたところまで遊んだ感じです。
プレイ時間は100時間程度。



傭兵、ドワーフ、エルフ、ウィッチハンター、ウィザードから1人を選び迷宮を探索、協力プレイによりクリアを目指す。
最大4人のオンラインプレイ可能。
全13ステージ存在しており、1ステージをクリアする為には30分前後かかる。
各キャラクターには3つの職業が存在しており、5レベルごとにビルドパスが一つ発生する。
そのうち一つを選び、最大5つのパッシブボーナスを持った状態でゲームすることとなる。
武器は複数あり、それぞれ性能が違う。

味方へのフレンドリファイアは難易度チャンピオンとレジェンドから発生し、低難易度のリクルートやベテランモードでは無い。
しかしながら、低難易度といってもL4Dのリアリズム程度の難易度な為、初見で簡単にクリアする、とはいかず、やりがいがある。

以下キャラ紹介

・傭兵
振りが遅い為味方に影響されやすいがクラウンドコントロールやPT全体HP回復が強力。
両手槌はクラウドコントロールが強力で味方のアタッカーに合わせやすい。
ハルバードは味方が弱い場合1人でキャリーしやすいので野良だと安定する。

・ドワーフ
処理速度が遅いがタンク性能が高い。
弾を必要としない遠距離攻撃手段がある為、ついつい遠距離攻撃しがちだが、
同じことをエルフやウィザードがしたほうが強いので状況を考えた方が良いと思う。

・エルフ
最強キャラ。1人でゲームをキャリーする。
レジェンドソロ安定するのはこのキャラくらいだろう。
つまりこのキャラを使って活躍出来ていないと味方に負担をかける。
敵の処理速度が速く遠距離攻撃が強力で1体までなら敵を貫通しダメージを与える。
パッシブスキルも強力なものが揃っている。

・ウィッチハンター
対ボス最強火力。
道中は器用貧乏感があるが、単体火力は半端無い。
エルフは遠距離メインだが、ウィッチハンターは近接メインでエルフより近接武器に優れている。
アタッカー寄り。

・ウィザード
フレンドリファイアが無い環境だと最強キャラ(ただしレベリングが必要)
オーバーヒートという特殊なゲージを管理しながら戦う事となる。
火力は高いが低レベルの間は制限が強く、火力を出せる時間帯が限られがち。
レベルが上がるとオーバーヒート管理がしやすくなる為、存在感が半端無い。


フレンドとワイワイ遊べるゲームなので是非プレイしてみてください。