神明在上(ゼンジョン)をクリアLast Summerをクリア

2020年05月17日

GUNBIRDをクリア



GUNBIRDをクリア。
クリアまでの時間は5時間。
プレイ難易度は5。
使用キャラはマリオン。
Steamにて891円で購入。
ガンバード





■内容
GUNBIRDは彩京が1994年に制作したアーケードゲーム。
ジャンルはSTG。
様々は据え置き機に移植されており、筆者はSteam版をプレイした。

■ストーリー
アトラーの魔鏡を手に入れて魔神に願い事を叶えてもらおう!

■良かった点
STGにも関わらずストーリー性がある
コミカルで印象深い敵キャラクター
プレイキャラクターでまともな人間が居ない
幕間のやり取りがフルボイス

20200517113612_1
ロシアのロボット軍人。他のゲームではなかなかお目にかかれない設定だ。

20200517114314_1
敵役のトランプ一味は、タイムボカンシリーズ「三悪」のオマージュ。
ボス格であるルージュの声優は小原野梨子さんだ。



■悪かった点
HDリマスター等では無いので大画面でプレイすることが出来ない。
一部のステージで弾が見づらい。

■総評
良ゲー。
彩京初期の作品なので現在のような極悪難易度では無く初心者でもプレイしやすい。
攻略方法が明確に存在する為、覚えることでクリアしやすい。

STG作品別難易度ランキングによれば、GUNBIRDの難易度は5。
筆者は難易度6までのSTGならノーコンティニュークリアした経験があるので、難易度5の中ではやや難易度が低い作品なのかもしれない。

プレイして感じたことは、ボムの使いづらさ。
近年のSTGだとボムボタンは押した瞬間に無敵になり、自機の当たり判定が無くなるものが多い。
しかし、GUNBIRDは自機の当たり判定は残っているし、ボムの発動まで2~3秒かかるキャラクターも居たりと使い所が難しい。
筆者がノーコンティニュークリアに使用したマリオンはその点使いやすかった。
他のキャラクターに比べてボムの発生が早く、弾消しに優れているからだ。
20200517172848_1



20200517122653_1
マリオンはどんな願い事を叶えてもらうのか、自身の目で確かめて欲しい。









コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
神明在上(ゼンジョン)をクリアLast Summerをクリア